FC2ブログ

放し飼い兎への道

ケージ外ではトイレがうまくできないウサギさんの、放し飼い兎への飼い主とウサさんの記録です。

犬について

昔から、犬は飼いたかったんです。
でも、家は食品を扱う商売だったので、生き物を飼うのは無理でした。

なぜ、犬が好きかというと、子供の時の体験からです。
小学校低学年の時、確か親子の野良犬が居ました。
家のビスケットをあげたら、野良ちゃんがなつきました。
学校から帰ると、家に近づく時に、毎回野良ちゃんが駆け寄って迎えてくれます。
飼えなかったかど、とてもかわいく思いました。
でも、数日して、その野良ちゃんは見かけなくなりました。
多分、保健所に連れて行かれたんだと思います。
その時から、犬が好きです。

先日、ソックスちゃんが家出した時、犬が飼いたいなと思いました。
たまたま、里親募集のサイトに、岡山県でかわいい野良ちゃんの里親募集が出ていました。
早速応募したのですが、応答がありません。
数日待っても応答がないので、別のサイトにもそのワンコちゃんの里親募集が載っていたので、応募しました。
すぐ応答があって、他の人と交渉中ですとの答えでした。
仕方なく、他の犬を探しました。
香川県の柴雑種の里親募集では、家族構成を理由に断られました。
ならば、購入するしかないと、その関係のサイトを探しました。
素朴な、犬らしいのが好きなので、黒柴に絞って近隣でという条件で見つかったのが、今のコナちゃんです。
正直、惚れて迎えた犬ではありません。
結婚で言うと、恋愛結婚ではなくて、見合い結婚のような、条件が合って、嫌でもないから結ばれたような感じです。
家に迎えたときは、目がちっちゃいな、口が尖っているな、とマイナス印象でした。

決まってから、いろいろ調べました。
自分は犬とどういう付き合いを望んでいるのか?
ベタベタと寝るのも一緒、仕事にも連れて行って、ドッグランで走る姿を写真に収めたい。
じゃあ、どの犬種が向いているのか? キャバリア、シェルティが候補に挙がりました。
キャバリアは、性格的にはぴったりなのですが、たれ耳で長毛なのが好みに合いません。
シェルティは、鼻が長いのと、長毛なのがちょっと好みから外れます、また吠える性質を持っているのも気になります。
その中で、とてもかわいいと思えるシェルティを見つけました。

14041909.jpg

場所は、広島なので、見学にも行けます。
猫ちゃんと仲良くできる可能性もあります。
もう、この子を飼いたくなりました。
コナちゃんは、ブリーダーにお返しするか、弟に引き取ってもらうかしようと思いました。

でも、今日の昼に確認すると、飼い主が決まって、売却済みになっていました。
なので、この話はなしになりました。
このまま、コナちゃんと付き合っていくことになります。

さて、コナちゃんですが、この数日間昼間放し飼いで、トイレにほぼ失敗しなくなっていました。
安心して、昨夜布団を敷こうとしたら、布団の上に乗っかり、オシッコされちゃいました。
情けなくなり、犬小屋に入れました。
夜中の2時に、クンクン鳴き出すので、トイレかと思い、布団をたたみ、小屋から出してあげましたが、
トイレに行きません。
朝起きて、自由にさせていたら、ウンチとオシッコをトイレ外でされました。
2,3日、トイレに失敗しなかったから、覚えてくれていたのかと思ったらこれです。
バカ犬じゃないかと腹が立ちました。

こんなところです。

  1. 2014/04/19(土) 17:23:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<オクラとピーマンの定植 | ホーム | ズッキーニの定植>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tanasan.blog99.fc2.com/tb.php/629-12c88ed3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

tana

Author:tana
修業中ウサさん
ホーランドロップ♀
色 ブルー
BD 06.12.04
- 11.07.31

色に因んで、藍と命名されるが、飼い主が照れてなかなか名前を呼んでもらえない。
放し飼いウサさんを目指して、飼い主と努力中
最後は立派な放し飼い兎として天国へ

愛しい子供達

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

たからもの

よもぎさんから

リンク

このブログをリンクに追加する

tanaへのメール

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード